BULL LABO

 
フレブル情報をチェック♪

チャンピオン犬の子犬販売中!
情報は随時更新!

フレンチブルドッグ専門犬舎 グラマラスドッグ(HP)フレンチブルドッグ専門犬舎
グラマラスドッグ(HP)



プロフィール

Bーパパ

Author:Bーパパ
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フォンデュ、まだかい?
≪アメリカ系フレブルの出産の話し≫

最近 お問合せいただくお客さんから、よく質問されることがありまして・・・・

それは、「フレンチブルのアメリカンタイプって何??」 という事です。


それは、語り出せば長くなるのでここではハショりますが、その一つの特徴として「頭が大きい」という事が挙げられると思います。

頭が大きい・・・とは、何に対して大きいかと言えば、当然ヨーロピアンタイプと比べてって事になりますが、それに付随して申し上げますと 「産道よりも子犬の頭蓋骨の方が大きい」 という可能性が高くなります。

産道よりも赤ちゃんの頭の方が大きければ、当然 自然分娩ではなく帝王切開での出産って事になります。

(これは余談ですが、帝王切開による出産は、質の良い麻酔と経験豊富な獣医さんさえいれば、むしろ自然分娩よりも出産による危険性は低くなると私は考えています。
事実、我が家ではこの10数年間 出産で母子ともに危ない目にあった事は一度もありません。余談終わり)


で、ここで重要になってくるのは、出産日の特定を人間が正確に見極める! という事になってきます。

人間と違い、子犬はお母さんのお腹の中に 約2ヶ月しかいることが出来ません。

なので、仮に本当の予定日よりも2日早く産ませてしまえば、単純に人間で例えると10日早く産ませる計算になってしまいます。遅い場合も同様のリスクがあるため、母子ともにとってベストなタイミングで産ませてあげることが人間側の最低限の責任となってきます。

ところがっ! えてして 「野性味」 の少ない犬種は陣痛が弱かったりして 出産お兆候が出にくい事もあり その見極めが非常に難しくなってきます。

なので、知識と経験でそれをカバーしながら 全員野球で出産に挑んでいくのですが・・・・・・


本人に聞けたら、一番ありがたいなぁ・・・と思ったりもします(笑


(*゚▽゚)ノ 「やぁフォンデュや、そろそろかと思うけど どうかな??」

フレブル フォンデュママ 1

(o*゚ー゚)o 「うーん??」


フレブル フォンデュママ 2

(ノ´▽`)ノ 「やっぱりね♪」

明日か明後日か・・・はたまた明々後日なのか?

フォンデュから目が離せない夫婦なのでした。


おわり

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bulllabo.blog.fc2.com/tb.php/1182-cef62824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)