FC2ブログ

BULL LABO

 
フレブル情報をチェック♪

チャンピオン犬の子犬販売中!
情報は随時更新!

フレンチブルドッグ専門犬舎 グラマラスドッグ(HP)フレンチブルドッグ専門犬舎
グラマラスドッグ(HP)



プロフィール

Bーパパ

Author:Bーパパ
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フレンチブルドッグの鼻はなぜ短い??
フレブルの起源については、イギリスのブルドッグが原種だと一般的に考えられています。このブルドッグもご存知の通り、鼻はペチャンコで『ブサ可愛い』犬ですが、今では考えられないことに元々は牛と戦う闘犬として作られた犬種なんです。当時のブルドッグは牛と戦う為に食らいついたら離さない為の頑丈なアゴと、牛に噛み付いたままでも呼吸が出来るようにと鼻をペチャンコに改良されました。その後、闘犬禁止令が出され今のような穏やかなブルドッグに改良されていったわけですが、この愛すべき鼻ペチャ犬にパグやテリアをかけ合わせてフレンチブルドッグが誕生したわけです。
だからフレブルは人間が作り出した究極の『ブサ可愛い』犬ともいえるでしょう。ですからフレブルは自然に誕生した犬ではないので、野生味が薄く人間ありきな部分が多数あります。例えば頭のデカイフレブルは出産も自然分娩ではなく帝王切開が必要となります。また短鼻種は体温調節が上手ではない為、熱中症にかかる割合が多く、最近では国内の飛行機会社も夏場の空輸を断るケースが増えてきてます。
我が家のフレブル達も、夏場は24時間空調の効いた快適な環境で育てています。外の運動場に出るのは早朝と涼しい夕方から夜だけにしています。はっきり言って人間より贅沢な感じなんです。しかしながら、それを補って余りある「愛らしさ」「格好良さ」を持っているから一切問題はありません!って感じです。
それを象徴するように、ここ10年足らずで日本でもフレブルマニアが急増しています。ですから最近は街やカフェでもフレンチブルをよく見かけるようになったと思います。なんとなく滑稽で微笑ましい感じです。
フレンチブル - livedoor Blog 共通テーマ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bulllabo.blog.fc2.com/tb.php/28-ca8c0670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)