BULL LABO

 
フレブル情報をチェック♪

チャンピオン犬の子犬販売中!
情報は随時更新!

フレンチブルドッグ専門犬舎 グラマラスドッグ(HP)フレンチブルドッグ専門犬舎
グラマラスドッグ(HP)



プロフィール

Bーパパ

Author:Bーパパ
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



生まれてきた意味
≪生体を扱う仕事、ブリーダー≫


今から30年ほど前の話しです。

その当時、私は小学校の低学年で、メスですが『レオ』と言う名の雑種の犬を飼っていました。

この子はとても明るく豊かな感性の持ち主でしたので、外飼いでしたが番犬と言うよりも愛玩犬として飼っていたように思います。


当時、私の近所には野良犬が多く、レオの発情期になると決まって甲斐犬のような柄の、大きな犬が近寄ってきていました。

レオは避妊手術をしていなかったので、その犬と交配したからか、子犬を産んだことがありました。


小学生の私は、ただただ生まれた子を見て無邪気に喜んでいました。

子犬が産まれて2ヶ月が経つ頃には、何頭かの子犬たちが新しい飼い主さんの元にもらわれていきました。


ですが、全部に飼い主さんが決まっていたわけではないので、私は学校から帰ると残った子犬たちと遊ぶのを楽しみにしていたのを覚えています。


そんなある日・・・いつものように学校から帰ると、数頭残っていたはずの子犬たちが全員いなくなっていました。


不思議に思いましたが、その日の晩に親に聞いたところ、保健所に預けたことを知らされました。


私は親の申し訳なさそうな態度を見て、直感的にその言葉の意味を悟りました。


その日の夜の出来事は今でも鮮明に覚えていて、自分が子供で無力であると言うことを思い知らされたように感じています。


私はその日以来、今でも、道端で死んでいる動物の遺骸などを見ると心の中で自分なりに祈るようになりました。

「今度生まれる時は、幸せな家庭に生まれるんだよ!」と。





それから何十年も経ち、なんの因果かブリーダーを志すようになったんですが、自分が繁殖した犬が巣立った先で幸せに暮らしている場面は、私の心を本当に満たしてくれています。

また、子犬期に残念ながら命を落とすケースも苦しいですが目の当たりにしてきています。

そんな時はいつもこう思います。

「この子達は何のために生まれてきたんだろう・・・」と。



犬を飼っている方なら誰でも知っている事ですが、犬本来の特性を2点ほど挙げますと・・・

①飼い主を裏切るようなことはなく、絶対的に信頼してくれる

②飼い主が喜ぶこと・飼い主を喜ばせることが大好きである

これが代表的な特徴ですよね。


飼い犬が飼い主さんに対して

「この人、僕を愛してないんじゃないか?」と疑ったり

「この人、何が楽しいんだろう?」と蔑んだりするような飼い犬は絶対にいません。


絶対にいない事こそが、犬本来の最大の魅力であり、人間が犬に惹かれる決定的な長所ではないでしょうか。


よくしつけの本などを読んでいても

「犬を絶対に叱ってはいけません。褒めることがしつけの基本です」

なんて書いてありますが、私が思うに、犬は褒められることが嬉しいのではなく飼い主さんが喜んでくれてることが嬉しいんだろうなぁ・・・と感じます。


そんな無償の愛を捧げてくれる愛玩犬が死ぬ時、我々はどのように彼らの死を受け入れたらいいのでしょうか?


彼らは何の為に生まれてきたのか・・・


「それは、あなたに喜んでもらうため」

「それは、あなかからたくさんの愛情をもらうため」・・・


私は子犬が死ぬと、その子犬が私にそう語りかけてくれているような気がしてなりません。


30年前に保健所に預けられた、愛犬レオの仔犬達。

あの子達がいたから、現在ブリーダーとして「人に喜んで受け入れてもらえる犬を繁殖しよう!」「新しいご家族の元で愛されるようアフターフォローを万全にしよう!」と思えるようになったんだと感じています。


だから犬の死に直面した時には・・・・・

「彼らが安心できるよう、悲しんでばかりいてはいけない!もっと強くならなければいけない!彼らのリーダーとしてがんばろう!」

と思うようにしています。


せっかく縁があって生まれてきた子犬たちの死を、絶対に無駄にはしてはいけない、この子がいたから強くなれたと、この子が命がけで教えてくれたから色んなことに気づけたんだ!と感謝の想いを伝えてあげたいのです。


時に、割り切れないようなやるせない気持ちになったとしても、静かにゆっくりと心を固め、彼らの死を受け入れていきます。


そして、必ずこう祈ります。


「またここに生まれておいで」と。


終わり

コメント
No title
ブルパパさん

この記事に救われました・・・。
ありがとうございます。
本当にまた巡り会いたいです。
生まれ変わってきて欲しいです。
[2009/11/05 12:23] URL | クミママ #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
クミママさんへ
ブリーダーって色々な感動がある分、辛い時はとことん辛いですよね。
我が家でも、最近ショックな事があったりして、色々考えさせられました。
ブリーダーって、嬉しい事と辛い事の振り幅が大きすぎてホント大変ですね
[2009/11/05 17:48] URL | ぶるパパ #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
こんばんわ。

 エエ話や~~~!!

 私も同感です。
 生き物って本当に邪気がないです。
 逝ってしまった子のことは
 忘れられません・・・・・。
 
[2009/11/05 22:11] URL | ララファミリー #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
こんばんは。

このたびはホントにお世話になりました。
ブログを読ませていただき泣いてしまいました。。
くろちゃんがそぉー思ってくれてたらな・・・と。
くろちゃんはこの世に産まれて16日しか生きれなくて幸せだったかなと。。
私は少なくとも幸せでした。
この16日くろちゃんと過ごした日々はかけがえのないものでした。
寝れなくてもえらくてもあの子としろちゃんの顔を見ると癒されて言葉では言い表せないほど幸せでした。
だからその幸せを失いたくはなかったですね。。
立ち直らなくてはいけないとは分かってるんですが今でもまだ自分を責めてしまう時もあって。。。
でも無理しず少しずつですが前向きになろうと思います!
いつかくろちゃんはきっとまた私のもとに生まれ変わってきてくれると信じて。。


ホントにありがとうございました。
[2009/11/06 00:21] URL | 4ママ #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
ララファミリーさんへ
久しぶりのコメントありがとうございます!
本当にそうですよね、昔のワンコの事は忘れられません。
これは、いい事なのか否かはわかりませんが、我が家の『レオン』は昔飼ってた『レオ』の生まれ変わりだと思っています。
だから、レオにしてあげられなかったことをレオンにしてあげています。
お陰で『超タレタレ』になってしまいましたが・・・・
[2009/11/06 09:36] URL | ぶるパパ #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
4ママさんへ
私も今回の記事を書きながら、色んなことを思い出してしまい、一瞬だけ涙が止まらなくなってしまいました。
くろちゃんの事は残念でしたが、ずっと悲しんでいると 『ママはなぜ悲しんでいるの?』と、くろちゃんが心配しますよ。
ましてや、全力を尽くしたママさんが自分を責めるのは本末転倒です。
くろちゃんは微塵もママさんを責めたりしませんよ。
くろちゃんの望むままに、生きて下さい!
[2009/11/06 09:43] URL | ぶるパパ #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
うまく言えませんが涙が出そうです。。。
世の中のブリーダーさんの全てが
ぶるパパさんのように犬の幸せを
真剣に考えてくれる人ばかりならば
悲しい終わり方をする子達もいなくなるでしょうね
ブリーダーの放棄犬が処分されるトピを
最近読んだばかりなので
その子達は何のために生まれてきたんだろう?って
考えてたので 心に染みました
[2009/11/06 12:33] URL | ぶりとにー母 #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
ぶりとにー母さんへ
世の中のブリーダーは、知られてないだけで、実は素晴らしい方も多いんですよ。
一部(?)の変な人のせいで評判をすこぶる落としてはいますが・・・

でもやっぱり『生命』を触る仕事は難しいですね。
ちゃんと自分を持っていないと、頭がおかしくなりそうになります。

幸い、我が家の場合は辛いことより嬉しいことの方が遙かに多いので救われています。

みなさんの支えがあればこそです!
[2009/11/06 15:36] URL | ぶるパパ #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
あかん。・゚゚・(>_<)・゚゚・。
泣いてしまった。
くろちゃんのこともあったから余計にないてしまった。

命を簡単に扱うブリーダーもいるもんね。
ブルパパさん、このまま小規模でやっていってくださいね。
産まなくなった子とか里親に出さないから大変ですが、がんばってくださいね。

私はどんとかのんがうちの子のなってよかったって思えるのかなぁっていつも自問自答してます・・
[2009/11/06 19:56] URL | どんかのまま #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
どんかのままさんへ
どんちゃんとかのんちゃんは素敵なお宅にもらわれて絶対メチャメチャ幸せですよ!
ままさんが自問自答すること自体が、その証拠です。

GD犬舎は、素晴らしい飼い主さんに恵まれている事が、私の自慢なんですよ。
本当に皆さんには感謝しております!
[2009/11/07 01:01] URL | ぶるパパ #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
ジーーーンときますね。
うちもブリーダーを経験しているので
とっても気持ちがわかります。
嫁ぎ先のお家で
幸せに暮してるかな?って
気になってしまうんですよね。
大切にされていないなんて考えられないですよね・・・

この気持ちを悪質ブリーダーに
読ませてやりたいですね!
[2009/11/07 08:35] URL | あこちん #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
あこちんさんへ
今回の記事は、意外に反響が大きく、正直驚いています。
世の中には『ペットロス』という言葉がありますが、ワンコを家族に迎え入れた方は遅かれ早かれ必ず『死』という問題にぶち当たってしまいます。
今回の私の主観的な記事が、愛犬家の皆さんへ少しでもプラスになれば嬉しいです。
その犬もきっと喜んでくれるはず!
[2009/11/07 14:22] URL | ぶるパパ #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bulllabo.blog.fc2.com/tb.php/594-91c4c87b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)